ピアノ写真

やりたい事は、もう始めてますか?
ピアノが弾けるようになりたい
そんな想いを、アレグロヴィヴァーチェが応援します

オンラインレッスンだから出来ることがあります。
あなたの空間でピアノが習えるのが魅力の一番。
さらに、それぞれのペースに合わせた無理のないレッスンや、目標の日に向かっての短期集中レッスンなど、様々なご要望に対応可能です。
無料体験レッスンから始めてみませんか。
お問い合わせをお待ちしています。

新着記事

お薦めの新着記事です。
どうぞ、ご覧ください。

7月生まれの作曲家を紹介

7月生まれの作曲家はマーラーが挙げられます。


画像

フルネームはグスタフ・マーラー(Gustav Mahler)、1860年7月7日に今のチェコのカリシチェで生まれた作曲家であり指揮者です。
マーラーの交響曲作品は大規模で複雑なものが多いにもかかわらず、世界中のオーケストラで演奏されています。
有名な曲では交響曲イ短調『大地の歌』でしょうか。
この交響曲の中の第3楽章『青春について』が某ウイスキーのCMにも使われているので、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
マーラーの他の交響曲は交響曲第〇番という番号が付されているのですが、この曲には番号がなく、交響曲と歌曲の両方の性格も併せ持っている曲だと言われています。
『青春について』の明るく美しいテノール独唱が印象的です。

アレグロ・ヴィヴァーチェとは 意味・速さ

アレグロとヴィヴァーチェはどちらもイタリア語で、アレグロ(allegro)が『陽気な』、ヴィヴァーチェ(vivace)が『活気のある』という意味の別々の単語です。
これを楽譜における速度標語として用いると以下のような意味合いになります。

Allegro(アレグロ)速く、速くて陽気な、快活な
Vivace(ヴィヴァーチェ)活発に速く、生き生きと

どちらも速度標語ですが、速度と一緒に語源から感じ取れるような気分や表情が求められています。
この二つの速度記号が一緒に用いられた場合の意味合いは以下のようになります。

Allegro vivace(アレグロ・ヴィヴァーチェ)快活に速く、allegroより速く

速さのイメージはアレグロよりも早いくらいですね。
もう少し具体的に速さを知りたい方がいらっしゃると思いますので、練習をする時の目安としてメトロノームに書かれている数字を参考に記しますが、メトロノームのメーカーによっても違うと思いますので参考としてください。

Allegro = 132
Vivace = 160

速度は時代によって変化するものですし、気分や表情は速度だけでは表せないので、練習を始めるときの目安として使ってください。

このHPでは、アレグロ・ヴィヴァーチェをメッセージとして、明るく楽しく音楽に取り組んでいる方を応援しています。

仕事の合間にピアノを習いたい

仕事中の写真

仕事があるので自由な時間は限られているけど、それでも何か音楽を奏でてみたい、ピアノが弾いてみたい。
そんな方にも取り組んでいただけるように、ご都合に合わせたレッスンを一緒に考えましょう。
諦めてしまうなんてもったいない、まずはお問い合わせください。
家に帰ってからのリラックスタイム、部屋着のままで30分のレッスンができます。
そんなレッスンなら、無理なく続けられませんか?

ピアノで弾き語りがしたい

弾き語りの写真

大好きなアーティストの曲で弾き語り、憧れのシーンですよね。
休日を音楽三昧で過ごしたり、録画してYouTubeで公開したり、夢がどんどん広がります。
ご希望で歌唱レッスンも対応できます。

自由な時間が持てるようになった

高齢の女性の写真

仕事もひと段落して自由な時間を持てるようになったら、子供のころから憧れだったピアノにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
自分時間を少しずつ、音楽のために使ってみましょう。
一人で音楽に浸る時間を持つのも良し、家族やお友達に披露してみるのも良いでしょう。
ドキドキするかもしれませんが、挑戦する気持ちが大切ですよね。
せっかくの自由時間に音楽を加えてみませんか?

結婚式にピアノの生演奏を

結婚式の写真

結婚式にピアノの生演奏を送りたい、ステキなアイデアですよね。
想いを込めた演奏は最高のプレゼントになります。
新郎から新婦に曲を送るのも感動的ですし、新郎新婦で連弾するなんていうサプライズも盛り上がりそうです。
連弾のレッスンも引き受けます。
ご両親からのプレゼントで一曲送るのも素敵です。

保育士はピアノが弾けると思われてる

保育士さんの写真

行事のたびに新しい曲を弾くように頼まれて、譜読みして運指を考えるだけでも大変ですよね。
日々の業務にプラスしてピアノの練習をするのだから、時間がいくらあっても足りません。
そんな時に、ちょっと手を加えて簡単に弾けるアドバイスや、思い切ってコード奏にしたり、調を変えて♯や♭の数を減らすような提案もできます。
子供たちのお世話だけでも大変なのにピアノなんて、そんな時に頼ってください。

伴奏を頼まれたけど自信がない

高齢の女性の写真

昔ピアノを習ってたって、ちょっと漏らしてしまっただけで、ピアノ伴奏を頼まれてしまう事って珍しくありません。
楽譜は読めるけれど指が動くか不安だったり、ある程度までは弾けているんだけど何となく曲が仕上がらない時や、苦手なフレーズでいつも止まってしまう時。
そんな時に、ぜひ相談してみて下さい。
ワンランクアップした演奏になるよう一緒に取り組みましょう。